山崎眼科Yamazaki Eye Clinic

HOME > 手術について / 日帰り硝子体手術

日帰り硝子体手術

硝子体手術は、硝子体出血や黄斑円孔、黄斑前膜、網膜剥離などの目の奥の病気に対して行われる手術です。白目に小さな穴を3か所あけて、そこから特殊な器具を眼内に挿入し、手術を行います。現在では、非常に小さな傷口から硝子体手術を施行することができ、傷口は基本的に無縫合で、患者様の眼に対する負担も格段に減少してきました。当院でも、この小切開硝子体手術を取り入れており、可能な方には日帰りでの硝子体手術を行っております。このように、硝子体手術は非常に安全に行えるようになりましたが、術後はしばらく頻回に通院していただく必要があります。なので、遠方からお越しの方や、お一人でお住まいの方に対しては、なるべく近くの施設で入院していただく事をお勧めしております。詳しくは、医師またはスタッフに申し出てください。

手術前後の流れ

手術を受ける前に

硝子体手術が決まったら、血液検査、眼表面の菌を調べる検査、術前の眼の状態を把握するための検査、白内障手術を同時に行う場合は、眼内レンズの度数を決定するための検査などを施行いたします。
また、他科に通院されている場合は、主治医の先生に全身状態についてお聞きすることもあります。



手術約1週間前

説明手術についての説明と術前診察を行います。この日は、診察も含めて約1時間かかります。また、この時に、手術2日前からさしていただく点眼薬をお渡しいたします。



手術2日前

点眼手術説明の時に渡された点眼薬を、決められた回数さしていただきます。



手術前日

入浴手術説明の時に渡された点眼薬を、決められた回数さしていただきます。また、術後数日間は洗髪、洗顔ができませんので、前日はなるべくお風呂に入って洗髪していただくことをお勧めいたします。



手術当日

リカバリー当日は、朝とお昼に手術前の点眼薬をさしていただきます。手術予定時間の約1時間前に来院していただき、手術終了後、リカバリールームでしばらく休んでから帰宅していただきます。



手術翌日

術後の診察がありますので、必ず来院していただきます。



手術翌日以降

術後の経過によって、医師のほうから次回の来院日を指定いたします。

 

日帰り白内障手術はこちら→

▲ページの先頭へ