山崎眼科Yamazaki Eye Clinic

HOME > 手術について / 日帰り白内障手術

日帰り白内障手術

眼内にある水晶体というレンズの濁りを取り除き、新たにきれいな人工のレンズを挿入する手術です。当院での白内障手術は点眼麻酔(目薬の麻酔)で行われ、角膜に3mm程度の傷口を作成し、そこから濁りを除去して眼内レンズを挿入します。傷口は自然に塞がりますので、基本的には縫合は不要です。手術時間は10分ほどで、手術終了後はしばらく休んでいただいて、眼帯はせずに保護眼鏡を着用して帰っていただきます。
当院での手術は全て日帰りで行っておりますが、遠方からお越しの際は、近くのホテルを予約させていただきますので、遠慮なく申し出てください。

手術前後の流れ

手術を受ける前に

白内障手術が決まったら、血液検査、眼表面の菌を調べる検査、眼内レンズの度数を決定するための検査や、術前の眼の状態を把握するための検査などを施行いたします。
また、他科に通院されている場合は、主治医の先生に全身状態についてお聞きすることもあります。



手術約1週間前

説明手術の前の週の金曜日に、白内障手術についての説明会と術前診察を行います。説明会は午後2時からで、診察も含めて約1時間かかります。また、この時に、手術2日前からさしていただく点眼薬をお渡しいたします。



手術2日前

点眼手術説明会の時に渡された点眼薬を、決められた回数さしていただきます。



手術前日

入浴手術説明会の時に渡された点眼薬を、決められた回数さしていただきます。また、術後3日間は洗髪、洗顔ができませんので、前日はなるべくお風呂に入って洗髪していただくことをお勧めいたします。



手術当日

リカバリー当日は、朝とお昼に手術前の点眼薬をさしていただきます。手術予定時間の約1時間前に来院していただき、手術終了後、リカバリールームでしばらく休んでから帰宅していただきます。



手術翌日

術後の診察がありますので、必ず来院していただきます。



手術翌日以降

術後の経過によって、医師のほうから次回の来院日を指定いたします。

 

日帰り硝子体手術はこちら→

▲ページの先頭へ