山崎眼科Yamazaki Eye Clinic

HOME > 診療内容

白内障

目の中のレンズの役割をしている水晶体が濁る病気です。  
加齢によるものがほとんどですが、外傷や全身疾患に伴うものもあります。  
白内障は薬で元に戻すことはできませんが、手術で濁りを除去すれば視力を回復させることができます。

緑内障

目の奥の神経が傷害を受けて、視野が徐々に欠けていく病気です。  
緑内障の初期は自覚症状がなく、視野欠損を自覚する頃にはかなり病気が進んでいることがあります。一旦、欠けてしまった視野は元に戻りませんが、大切なのはそれ以上視野欠損を進行させないようにすることです。

糖尿病網膜症

糖尿病の三大合併症の1つである糖尿病網膜症は、初期の段階で自覚症状が出ることは少なく、放置しておくと失明につながることのある疾患です。糖尿病網膜症は単純型、前増殖型、増殖型の3期に分類され、良好な視力を保つためには前増殖型までに適切な治療が必要となります。自覚症状がなくても、糖尿病という診断を受けていれば必ず定期的に眼科を受診してください。

網膜静脈閉塞症

網膜の血管のうち、静脈が詰まって眼底出血を引き起こす病気です。眼底出血の範囲や程度によって、治療方法が変わります。軽度の出血であれば、止血薬などの内服で軽快することもありますが、出血が広範囲にわたったり、物を見るのに最も重要な部分である黄斑部に及んだりすると、著しく視力が低下することがあります。必要に応じて、レーザー治療や硝子体手術を施行いたします。

網膜前膜(黄斑前膜)

目の一番奥にある網膜に、うすい膜が張ってしまう病気です。
物を見るのに最も重要な部分である黄斑部に膜が張ると、視力低下や変視(物が歪んで見えること)が起こります。この膜は、点眼や内服などの薬物治療では除去することができないので、症状が強い場合は硝子体手術で直接膜を除去する必要があります。

黄斑円孔

目の一番奥にある網膜の中で、物を見るのに最も重要な部分を黄斑部といいます。  
その黄斑部に穴が開いてしまう病気です。黄斑円孔になると、急激に視力が低下したり、物が歪んで見えたりします。黄斑円孔は、基本的には手術をしないと治らないので、硝子体手術が必要となります。黄斑円孔が生じてから、なるべく早期に手術をすることが、良好な視力を保つために重要なことです。

網膜裂孔

目の一番奥にある網膜に穴が開いてしまう病気です。  
打撲などの外傷によって網膜裂孔ができることもありますが、ほとんどが加齢に伴う眼の中の変化によって生じます。一番多い症状は飛蚊症ですが、網膜裂孔に硝子体出血が伴った場合は、かすみや視力低下を自覚することもあります。  
網膜裂孔は、放置すると網膜剥離を生じる危険性が高く、発見したらなるべく早期にレーザー治療を行う必要があります。

網膜剥離

目の一番奥にある網膜が剥がれてしまう病気です。
網膜が剥がれると、剥がれたところに対応する視野が欠けてしまい、また網膜剥離が物を見るのに最も重要な部分である黄斑部に及ぶと、急激に視野が低下します。剥がれた網膜は薬では元に戻らないので、手術加療が必要となります。

結膜炎

細菌感染やウイルス感染、アレルギー反応などによって、結膜に炎症が起こります。  炎症やアレルギー反応を抑える目薬や、細菌感染の場合には、抗生剤の目薬が必要となります。

ドライアイ

涙の分泌が少なくなったり、涙の蒸発が早くなったりすることで、目の表面が乾いてしまう病気です。ドライアイがひどい場合は、眼の表面にたくさんの傷ができてしまい、痛みや異物感が生じます。点眼薬による治療が基本ですが、場合によっては、涙の流れていく出口を塞ぐ涙点プラグなどの治療を行います。

麦粒腫、霰粒腫

俗に、『めばちこ』や『めいぼ』といわれるものです。瞼の縁にある油分を出す腺がつまったり、細菌感染を起こしたりすることで生じる病気です。症状が軽い時は、点眼のみでほとんどが治癒しますが、中には切開が必要となることもあります。

翼状片

白目のかわ(結膜)が黒目(角膜)に被さってくる病気です。紫外線が原因であるといわれており、屋外での作業が多い方に起こりやすい病気です。瞳にかかってしまう前に、手術で切除する必要があります。

コンタクトレンズ処方

近視用、遠視用、乱視用、遠近両用など各種レンズを扱っております。  コンタクトレンズをご希望の方は、お気軽にご相談ください。

眼鏡処方

一般的な近視に対する眼鏡処方から、遠視や老眼、また白内障術後など、さまざまな屈折異常に対して適切に眼鏡処方を行っております。眼鏡処方をご希望の方は、お気軽にご相談ください。

眼瞼下垂

瞼が下がってくる病気です。多くは加齢に伴うものですが、コンタクトレンズの長期装用によって起こるものや、中には全身疾患に伴って生じることもあります。適切な検査、治療によって改善することができます。

内反症、外反症

瞼が正常な状態よりも内側に向いていたり(内反症)、外側に向いていたり(外反症)する状態です。内反症では、まつ毛が角膜にあたって角膜を傷つけてしまいます。また、外反症では、眼の表面の涙液を保持できなくなり、充血や痛みが生じます。どちらも手術をすることで改善することができます。

鼻涙管閉塞

涙の通り道が詰まってしまう病気です。普段から涙がこぼれてきたり、慢性的に目やにが出てくることもあります。手術をすることで改善することができます。

まぶたの手術と涙の通り道の手術については、現在、当院では行っておりませんので、各分野の専門の先生がいる医療機関に紹介させていただきます。

▲ページの先頭へ