山崎眼科Yamazaki Eye Clinic

HOME > 医院概要

院長挨拶

山崎院長

このたび、南あわじ市市小井で眼科クリニックを開院いたしました。
これまで勤務してきた大阪市立大学・藤田眼科では、眼底疾患を主体に数多くの患者様の診療、手術に携わってまいりました。目の病気は、本当に奥が深く、明らかに自覚症状が出るものから、糖尿病網膜症や緑内障など初期の段階では自覚症状の全くないものまでさまざまです。当院では、常に患者様の立場に立った診療を心がけております。全く同じ病気でも、一人一人の取りまく環境などによって治療方針は全く同じとは限りません。当院を受診された患者様には、現在の病状を詳しく説明したうえで、患者様ひとりひとりに納得していただける治療方針の確立を目指しております。
また、当院では、白内障手術はもちろんのこと、網膜硝子体疾患等で必要となる硝子体手術についても日帰りで行っております。
目に関することで、お悩みのことがあれば、お気軽にご相談ください。

山崎眼科 院長 

 

基本理念・診療方針

  1. 私たちは、常に患者様の立場にたって行動し、地域の皆様に信頼される医院をめざします。
  2. 私たちは、常に最新の知識と技術に目を向け、患者様に適切に還元できるように努めます。
  3. 私たちは、常に自己管理を怠ることなく、清潔で働きやすい職場環境づくりに努めます。

 

院長プロフィール

経歴

平成11年 大阪市立大学医学部卒
平成12年 大阪市立大学医学部附属病院眼科 入局
平成13年 和泉市立病院
平成14年 大阪市立大学医学部附属病院眼科 後期研究医
平成16年 医療法人 藤田眼科
平成18年 大阪市立大学医学部附属病院眼科 病院講師
平成19年 医療法人 藤田眼科
平成23年2月 山崎眼科 開設

資格

日本眼科学会認定 眼科専門医  
光線力学的療法(PDT)認定医

所属学会

日本眼科学会
日本眼科手術学会
日本網膜硝子体学会
日本眼内レンズ屈折手術学会

 

スタッフ紹介

笑顔と親切をモットーに、患者様のことを第一に考え、親しみやすく信頼していただける環境づくりに、日々努力しております。

スタッフ一同

 

施設案内

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

設備案内

ゴールドマン視野計
ゴールドマン視野計
広い範囲の視野を測定することができます。緑内障の進行の具合や頭部の疾患などを判断するのに有用な検査器です。

 

ハンフリー視野計
ハンフリー視野計
中心視野の正確な評価を行うことができる検査器です。初期の緑内障の視野欠損を検出することができます。

光干渉断層計
光干渉断層計 RS-3000
網膜の断層写真を撮影することができる器械です。網膜の微細な病変を鮮明に描写することができ、治療の経過を判定したり、今まで分かりにくかった眼底病変を描出したりすることが可能になりました。
 

眼底カメラ
眼底カメラ TRC-NW7SF MARK II
眼底の写真を撮影する器械です。このカメラで、蛍光眼底造影検査も行うことができ、網膜の循環障害を正確に判断することができます。それによって、レーザー治療の必要性や効果の判定を行うことができます。

アキュラス
コンステレーション

白内障手術や硝子体手術で使用する器械です。硝子体手術の器械としては最新のものであり、今まで使用していた器械よりもより安全で無駄のない手術を行うことができます。

 
インフィニティ
インフィニティ

白内障手術で使用する器械です。非常に優れた性能を持ち、白内障手術を短時間で安全に行うことができます。

 

左:ヤグレーザー 右:マルチカラーレーザー
左:ヤグレーザー
後発白内障の治療に使用する器械です。
右:マルチカラーレーザー
糖尿病網膜症や網膜裂孔など、種々の眼底疾患に必要なレーザー治療に使用する器械です。
 
▲ページの先頭へ